精密機械を宅急便で送る際に必要な梱包材は何?

緩衝材は商品・製品を優しく守る

安全・安心して配送

商品・製品を梱包する時一般家庭では隙間に新聞紙・古いチラシなどを丸めて入れます。なるべく中身が動かないように固定して、破損するのを防ぐ為です。せっかくの商品・製品が到着先で開けてみたら破損していては残念でなりません。
精密機械の梱包はどうでしょうか。広い倉庫に大きな木枠などにしっかり固定されてズッシリと入って梱包されてるのを見た事があります。精密機械はさらに、慎重に梱包しなくてはいけません。慎重に梱包するには緩衝材が不可欠です。緩衝材の一番は衝撃から守ってくれます。
緩衝材で分かりやすいのはエアーキャップ・エアークッションだと思います。エアーキャップはシートの丸い突起に空気が入っている通称プチプチです。丸いプチプチがクッションになり、商品・製品を衝撃から守ってくれます。CD・DVDなど小さな物は袋状の中に入ってる事があります。エアークッションは空気が入った四角い枕のような物が隙間に入ってます。ネットショッピング・フリマアプリなどの梱包でよく見るようになりました。
大型の例として家庭に冷蔵庫が大きな箱に入って届きます。四隅を発泡スチロールで保護し、周りも囲ってます。精密機械になるので大型で重い物は緩衝材も丈夫な素材を使います。緩衝材は用途によって使い分けます。緩衝材を使うと安全・安心に配送できるので流通がスムーズにいきます。
緩衝材は商品・製品によっては箱と大きさが合わず沢山詰め込んでる時があります。こんなに詰め込んで無駄にならないかと思う事がありますが、安全・安心の為に詰めてあると言う事です。
緩衝材は梱包・流通業界になくてはならない存在です。主張を強く出すものではないですが、商品・製品にそっと寄り添い影から支えてます。

おすすめリンク

新亜光学工業株式会社の代表製品

新亜光学工業株式会社は一般的には知られていませんが、ある製品の業界ではとても有名!

特許からみる新亜光学工業株式会社の技術

光学分野で定評のある新亜光学工業株式会社の高い技術力を取得している特許からみていきます。

プリント基板とはどのように利用されるものなのか

プリント基板とはどのようなものなのか。また利用にはどんなコツが必要なのでしょう。

新亜光学工業株式会社のSDGs

温暖化問題などに早くから取り組んでいる新亜光学工業株式会社が心がけているSDGs。

緩衝材で流通をスムーズにする

緩衝材は配送する時にどんな役割をしてくれるのでしょうか。現在は沢山の種類があります。緩衝材がなくて中身が破損してしまったのを聞いた事がないでしょうか。商品・製品を単に運ぶだけでなく、商品・製品によって使用する緩衝材が違ってきます。目的地に到着するまで安全・安心して配送しましょう。

商品・製品を優しく守る

精密機械は特に慎重に配送したいです。その時活躍するのが緩衝材です。緩衝材は商品・製品を積み込みから目的地到着まで優しく守ります。緩衝材がないと商品・製品が破損してしまいます。現状維持して運ぶ事は重要となります。緩衝材を使って安全に最後まで運びます。

ニーズに合った梱包

梱包はニーズに合わせることが重要です。大きさ・重さ・形状・振動・錆・流通など考慮して梱包します。 少しの衝撃で破損してしまいます。慎重に梱包しないと、重大な事故・生産ができないなど、大損失になりかねません。小さな精密機械も衝撃で使用できなくなる事もあります。